具体的なワインを売却する方法については、先日にご紹介した流れで行って頂ければ問題ありません。
ただ、より高く売りたいと思いませんか?
そんな「高く売れる高級ブランドワイン」についてご紹介したいと思います。

1.人気のブランドワインとは

最近はたくさんのワインに関する情報を、簡単に入手できるようになり、ユーザーが欲しがるワインの種類も多様化しています。
とにかくフランス産のワインばかりが求められていた時代もありましたが、他の国のワインにも注目が集まっています。
フランス以外の有名な醸造地というとイタリア、スペイン、ドイツ、アメリカが挙げられます。

それぞれの醸造地ごとに特色溢れるブランドが存在し、日本でもその人気は不動のものとなりつつあります。
以下では各地の代表的なワインをご紹介していきます。

2.世界各地の高級なブランドワインをご紹介

・アンティノリ ソライア

こちらのワインは、イタリアのワイナリーの中でも最も歴史深い名門である、アンティノリが贈るブランドワインです。
アンティノリは代々家族経営を貫き、現在の当主である26代目ピエロ・アンティノリ侯爵は、ワイナリーのフラッグシップワインともいえるこの「ソライア」を生み出し、世界中にトスカーナワインの大旋風を巻き起こしました。


画像引用元サイト:https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-4562301212583

・ベガ・シシリア ウニコ

「ウニコ」はベガ・シシリアの看板ワインで、伝統的な製法を尊重しつつも、常に確信を求める精神が作り出した、スペインを代表する高級ワインです。
そしてこの「ウニコ」の特徴はその長い熟成期間にあります。
大樽で1年、小樽で2年、古樽4年、さらにボトル内で3年以上と、最低でも10年以上の熟成期間が過ぎたもののみが、製品として世に送り出されています。


画像引用元サイト:https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch/sicilia/0/

・ライヒスラート・フォン・ブール フォルスター ウンゲホイヤー リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ

こちらは歴史ある「ライヒスラート・フォン・ブール醸造所」が世界に贈るドイツの高級ワインです。
その特徴は他のワインとは違う、世界三大甘口ワインに数えられるほどの濃厚な甘口にあります。
また100年を超える熟成にも耐えるといわれており、ドイツを代表するブランドの1つといっても過言ではないでしょう。


画像引用元サイト:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4940015202210/

・オーパス・ワン

「オーパス・ワン」はアメリカ最大の生産地である、カリフォルニア ナパバレーに拠点を構える世界的に有名なワイナリーです。
その創業は、当時ボルドー1級シャトーのオーナーであるバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとカリフォルニアワインのパイオニアであるローバート・モンダヴィがタッグを組むことから始まりました。
その味はカリフォルニアワインの爽やかさとボルドーワインの緻密さが融合したハイレベルなものとして、世界中から高い評価を受けています。


画像引用元サイト:https://www.7-7maruka.com/alcohol/opus-one/

3.人気ブランドワインの相場について

今回のご紹介したいとワインは、そのどれもが4万円を超えるような価格で流通している高級なワインばかりです。
この価格が示すところは、その時々の流行りに乗ったトレンドワインとは一線を画す、つくり手のこだわりが反映された「れっきとしたブランドワインである」、ということではないでしょうか。
評論家からだけでなく市場からの評価も高く、それを反映してワイン買取り業界の買取額は高額で安定したものとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では「高級ブランドワイン」についてご紹介しました。
次回の記事では「高額買取される代表的なワイン」についてご紹介します。