自宅に眠っているワインがある方は、是非とも見て頂きたい情報です!
今回の記事からは2回に渡り、ワイン買取りのコツについてご紹介します。
今回ご紹介するコツは「ワインを売る時の見積もりの取り方」です。

1.相見積もりをとるメリット

ワインに限らず、品物には買取額の相場というものが存在しています。
ですのでどんな買取り業者であっても、本来はその相場から大きく外れないように見積もっているはずです。
しかし査定を依頼した業者が持っている再販ルートの種類によって、実際の査定額は上下してしまいます。

例えば複数の仲卸を挟んで再販している業者は、その仲卸が買い取る価格を考慮して査定額を決めることになるので、査定額が相場よりも落ちてしまいます。
ですが独自の販路を持っている「ワイン買取コンシェルジュ」のような業者であれば、次のユーザーに直接お酒を販売できるので、相場よりも高めの金額を見積もることができるのです。

そういったお得な業者を見つけるためには、複数の業者に見積もり依頼を出し、その査定額を比較検討する必要があります。

2.業者ごとの査定額の差額は埋められる

では独自の再販ルートを持っている業者であれば、全ての業者が同じ金額を提示するかというとそういうわけではありません。
業者にとっては商売である以上少しでも多く儲けを出すため、買取額に差が出てくることは避けられません。
しかしご安心ください。
相見積もりさえ取っていれば、そういった差額を埋めることは充分可能です。

実際に他の業者より査定額が低かったことを伝えると、最低でも競合他社と同額、場合によってはより高い査定額を付け直すと公言している業者はたくさんいます。
業者にとってワインの買取りは仕入れとイコールですので、良い値段で売れそうなワインを見つけたら、できる限り確保しておきたいと考えているのです。

3.さらに高くワインを売るためには

そして場合によっては、さらにもう少し査定額に色をつけてもらえることがあります。
そのために必要とされるのは「交渉力」です。
査定を依頼するワインの保存状態をアピールしたり、想定以下の価格でありこのままでは売却できないとったことをうまくバイヤーに伝えることができれば、さらに高い査定額を引き出すこともできるでしょう。

またバイヤーといってもやはり人間ですので、気持ちの良い人からお互い納得できる査定額で買取りたいという気持ちがあります。
交渉の際は下手に優位に立とうと居丈高にならず、柔らかく接することも重要です。
ほんの少しかもしれませんが、お互い楽しく気持ちよく会話をすることができれば、査定額が変わることもあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では「相見積もりを取ることが高価買取りの秘訣である」ということをご紹介しました。
次回は「高く売れるワインの状態」を詳細にご紹介します。